石橋はブッ叩いて渡る@YMSイギリス

YMS2016当選。
その後、ルーマニア人の旦那と2018年8月10日に結婚し、一時帰国せずEEA Family VISAを取得しました。
YMS、国際結婚、現地情報について書いていきます。

イギリスで結婚式を挙げるまで②~式場予約~

£1=¥144


前回はNoticeを出すまでを書きました。
今回はNoticeが来てから予約するまでを書きます。


Noticeを出したあと3週間しないくらいで下記の手紙がHome officeから届きます。
両名に同じ手紙が届きます。


私の住んでいるBarnet Councilではこの手紙が届いたら、この手紙をもってTown Hallに行ってその場で式場予約できました。
手紙を持っていくだけで他に必要なものはありませんでした。
その場でお会計もします。
そうすると、愛の誓いの言葉が書いてある紙もくれました。
ちなみに、予約後に日時の変更やCancelをする場合は都度£50かかります。
私の友人は式場予約にもいちいち式場予約をするためにTown Hall訪問予約をしたりしており、結構大変そうでした。


式場予約も日にち、時間、部屋の大きさで異なります。
私たちのHendon town hallは一部屋しかありませんでしたが、約45人収容できる大きさで金曜日の午後一番で£175.00でした。


Town hallによっては10人程度、50人、100人など大きさが色々ありますし、オプションで演奏者を入れることもできるみたいですね。
やはり、土日は値段が高い設定になっており、金曜日も他の平日と比べると少しだけ高かったです。
また、4PM以降なども少し高くなります。


どこのTown hallであげるかは呼ぶ人数や値段などで選んでもいいかもしれません。


予約をするときには特に聞かれませんが、Marriage Certificateは基本的に結婚式のその日に何枚必要か伝えます。
一枚は原本として結婚式後に貰えます。
正式なコピー₍戸籍謄本みたいな感じの紙です₎は後からでも申請すればもらえますが、結婚式当日に申請すると割安です。
コピーはだいたい一週間半くらいで届きました。
日本大使館に出す分、配偶者の大使館に出す分などで原本と合わせて4枚くらいあると安心です。


次は2次会準備について書きます。


イギリスで結婚式を挙げるまで①~Noticeを出す~

£1=¥145


お久しぶりです。
また久々の更新です。


同じようにEU圏の人とBrexitの前に籍をいれようとしている方は多いのではないでしょうか。
また、私はEEA Family VISAを取得したのでその情報も一緒に載せていきます。
これから結婚、申請する人のためにも少しでも役に立てればと思います。


私が知りえている内容なので、それが絶対正解ではないのでご自身でも調べることをおススメします。
私も調べたり友人からの情報などをすり合わせてエージェントを通さずにVISAを取りました。



イギリスで結婚するには?
イギリスは日本のように紙一枚では結婚できません。
必ずCeremony hallやチャペル、Ceremony hallとして認められている場所で2人の証人が居る前で愛の誓い、サインをする必要があります。


お金があって大々的にやる方はチャペル付きのホテルや、イギリス人はちょっと田舎の方に出てコテージ風になっている結婚式場などが人気みたいです。


私たちはお金もないしそんなに大々的にやりたくないし、お互いイギリスでは外国人なので呼ぶ人も少ないということから一番安いタウンホールで挙式を上げることにしました。


なので、お金をかけたくなくこじんまりとやりたい方はタウンホールを利用するのがいいと思います。
そんな人は私のを参考にしてもらえれば。。。



①自分の住んでいる地域、もしくは相手の住んでいるどちらかの地域のタウンホールに結婚の申請をする。
こちらではNoticeと呼ばれますが、結婚をするものはまずどちらかの地域のタウンホールにNoticeを出します。
これはちゃんと予約をして両名が行く必要があります。
そして、予約料として£50を支払ってネットで予約します。
ちなみに、予約料や結婚までの段取りはタウンホールによって違いがあります。


ちなみに、Noticeを出すとタウンホール近くにこの二人が結婚をする予定ですが、意義申し立てがありますかというのを2週間貼りだされ、何もなければ結婚式を挙げることができます。
果たして意義をする人などいるのか。。。



②予約当日に軽い面接
Noticeを出す時に両名の住所証明、パスポートが必要です。
住所証明には
・英国運転免許証
・Bank Statement
・賃貸契約書
私は運転免許証と賃貸契約書を持っていきましたが、うちのエージェントは契約書にちゃんと会社のロゴが入っている紙を使っていなかったのでこれは証明にならないといわれてしまったので気を付けて下さい。
幸い私は運転免許証を常備してたので大丈夫でしたので、念のため2つ証明を持っていくといいと思います。


聞かれることは
・生年月日、名前の確認
・何日に結婚式をするつもりか
・今は一緒は一緒に住んでいるのか
と一通り普通のことを聞かれます。
2週間くらい貼りだされたあと何もなければ、通知の手紙が届くよと言われ、30分も経たずに終了です。
この時に現在予定している日にちの空き状況を確認することもできます。


私がNotice出すまでは1回の面談だけでしたが、友人は2回面接があったそうなので、やり方はそのタウンホール次第みたいですね。


届くまでの2週間以内に私たちは日本へ旅立ってしまったので、2週間きっかりで届いたかわかりませんが、3週間以内には届きました。
なんとなく結婚式があげられるのか不安なまま日本へ行きました。


ちなみに、私たちはHendon Town HallでNoticeを出しました。

ここは軍隊のセレモニーでも使わる場所です。
一階はシンプルな事務所のような感じでしたが、2階のセレモニーホールなどにはたくさんの勲章が飾られており、エリザベス女王の壁画なども置かれていました。
とても素敵でタウンホールといえどここで挙げられるのは素敵だなと思いました。


面接のあと実際Ceremony Roomを見ることもできました。
場所によってはたくさん部屋がある場合もあるそうです。
私たちのところは一つしかありませんでした。


一緒に住んでない場合は素敵だなと思うタウンホールの方で挙げるのもいいかもしれないですね。


次の記事ではNotice後、式場予約までを書きます。










ブログを書かずに1年経った

£1=¥150


昨年の4月から一年もブログを更新していなかったw


お久しぶりです。
そして、見ている人がいるのかわかりませんが。


1年で色々なことが変わりました。


1.まず仕事。
10か月働いた不動産営業も色々と嫌な事もあり辞めました。
内部事情とかもあるからなんとも言えないけど。
マネージャーは大好きだった。


そして、YMS期間1年1か月残っている中での就活は思っていたよりもハードでした。
基本的に企業に勤めるとなると1年半以上の残期間がいるのが前提でした。。。
それ以下でも扱ってくれるとこともありますが、本当に少なかったイメージです。
次が見つかるまでの間はレストランでアルバイト。
気軽だけど、それなりに英語も使うので良かったです。
気軽と言ってもちゃんと責任をもってやることが大事ですね。
辞める時も円満でした。


ただ、もう一つ掛け持ちを始めたところがやばい先で、他が決まったのもあったので1か月たたずに辞めたいといったところ罵倒の嵐かつほぼ恐喝でした。
まあ、ここで働いてる時もオーナーもマネージャーも機嫌が悪くなると罵倒の嵐だから想像はついてたけど。。。辞める率も多いし。。
次の仕事先の邪魔をしてやるから仕事先を書け!と怒鳴られたりと。。。
こっちでは2週間前Noticeとかで辞められるので、そのつもりで2週間前に言ったらこれでした。
まあ、期間的にお店を閉めて2週間後から再オープンすることもあって微妙な時期になったのはあるけど。。
しかも、最初はなじむかわからないだろうからお休みはいる前まではいてくれたらうれしいなーとか言われてたのに、そんなことは言ってないし、辞めるには1か月前Noticeだって言ったとか言われてないのに、言われたり、、、
友達も1か月Noticeとか聞いてないって言ってたし、、、
こんな形でやめるなら金を貰っていくなんてありえないなども言われました。
契約書のない先で働くのはやっぱり嫌だなと改めて思いました。
ちなみに、Angelからちょっとある日本食レストランカフェです。
お気をつけ。


最終的には日本の会社で経理補佐の仕事させてもらってます!
経理だけじゃなくて色んなことをやらせてもらえるので非常にありがたく思ってます!


2.家
1年4か月くらいいた家を引っ越しました。
そこまで不満はなかったけど、ちょっと引っ越しをしてみたいなーと思ったのがきっかけ。
しかし、新しい先がおかしな家でした。
てか、50代女性って更年期になるのか。。。独り身が悪いわけじゃないけど、悪いイメージがついてしまう。
上記のオーナーも50代女性だった。
まあ、最初は普通に過ごしてたんですが、機嫌が悪いと変な態度取ってくるし、気性の荒い人だなーくらいに思ってました。
彼氏と一緒に暮らし始めようと思い、出る3か月前くらに出るつもりだということを言ってから嫌がらせの嵐。
1.私のタッパーを盗んで使っている。⇒私のタッパーだった
2.毎日1時過ぎにお風呂に入るしドライヤーがうるさい⇒8時には風呂入ってた
3.夜に引きずるような足音がうるさい⇒これは申し訳ない
4.彼氏をつれてくるな⇒どうしようもない国の人が出入りするのが不快と言われる
出ていくというまでは彼氏とお茶をしましょうとか結婚式には呼んでね!と言われたりしていたのに、意味わからない人だなーと思ってましたが、早く出てけとうるさかったので早めに出ました。
新しい人が欲しかった理由は自分の家の更新と購入の観点があってらしい。
次入った人にはミュージック音を下げてくれと言われたのが気にくわなかったかつ中国圏の人だったということもあって、レイシスト発言の末その人を1週間で出ていかせてた。。。反日教育を受けているとか。。。
大人になってもどうしようもない人はいるのだなと思いました。
私はWiseじゃない人と一緒に住みたくないとメールで言われましたw
West Hampsteadに住んでいる猫を飼っている女性です。
しかも、イリーガルで人をいれているので、ハウスルールも変に追加されたりしますし、何かあったときに不動産に相談しに行くことも出来ないので要注意です。


3.彼氏が変わりました。
上記で話している彼氏は新しい彼氏です。
イギリス人彼氏とは別れて、EU圏の人とお付き合いしました。
そして、イギリスで結婚するためにNoticeを出したりと色々と急激に変化してます。


2017年は変な50代女性にかき乱される年でしたが、今年は変な人にも会うことなく過ごせています。
今思うと本当におかしな人たちだったんだなぁと思います。
ちなみに、大家は美容業界でもYMSでも有名でした。(笑)
あと、カフェもやばいところだよとのちに聞きました笑


今年は人生の中でも色々と変化する年になるので、一生懸命頑張れねばと思っております。


1年とはあっという間だけど、色々と変わるんだなぁと思うと長いような長くないようなという感じですね。


とりあえず、顔合わせで日本に一時帰国します。